MENU

政治学科 萩原 能久 研究会

message

萩原研究会では、政治哲学・現代政治思想を主な研究対象としています。

 

毎週水曜日の3限に26期(4年生)が卒論作成に向けた準備を、4・5限に26期、27期(3年生)合同で、毎週約1冊のペースで文献を読み、司会者・担当班を中心に議論を行う形式をとっています。

 

普段のゼミの様子や毎回のゼミ報告は、Facebookにも掲載されてあるので、ご覧ください。↓

https://www.facebook.com/groups/948711831820109/

2020年度の募集をもって、萩原ゼミは募集を停止しましたが、ゼミに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお願いします。↓

hagisemi2020@gmail.com (萩原ゼミのメールアドレス)

hagiwara@law.keio.ac.jp (萩原教授のメールアドレス)

お知らせ

  • 2020.01.31
    萩原能久研究会入ゼミ志望の皆様、入ゼミ課題は順調でしょうか! 提出締め切りは2/1(土)正午(12:00)です。 まだ間に合います! ※ESと卒論構想は提出先が異なりますのでご注意ください。 ※以前公開した入ゼミ要項の、教授のメールアドレスが間違っておりました。 現在公開している要項のアドレスは正しいです。ご迷惑をおかけしました。
  • 2019.11.25
  • 2019.11.18
  • 2019.11.15
  • 2019.11.01

合宿

PROFESSOR MEMBER

萩原 能久

萩原 能久

慶應義塾大学法学部政治学科 教授

 

専門:政治哲学、現代政治理論、社会科学方法論

 

担当学科目

三田

・政治哲学Ⅰ・Ⅱ

・研究会

・政治思想特殊研究Ⅰ・Ⅱ(大学院)

・政治思想研究プロジェクト科目(大学院)

日吉

・政治思想基礎

・政治文化論

 

主要著作

・『政治学の方法とアプローチ』 共著 学陽書房 1984

『批判的理性論考』 H.アルバート著 訳+訳者解説 お茶の水書房 1985

・『国家の解剖学』 共著 日本評論社 1994

・「ラビリンスワールドの政治学」 日本評論社 『法学セミナー』

・『政治哲学入門』 慶應義塾大学通信教育部 1999

・『ポスト・ウォー・シティズンシップの構想力』 慶應義塾大学出版会 2005

・『ポスト・ウォー・シティズンシップの思想的基盤』 慶應義塾大学出版会 2008

・『正しい戦争と不正な戦争』 マイケル・ウォルツァー著 風行社 監訳 2008

・『政治的に考える―マイケル・ウォルツァー論集』 マイケル・ウォルツァー著 風行社 2012

・『アメリカ左派の外交政策』 マイケル・ウォルツァー著 風行社 2018

  • 佐藤優人

    佐藤優人

    4年

    26期ゼミ代表

  • 大尾嘉健

    大尾嘉健

    4年

    入ゼミ係

  • 三井賢

    三井賢

    4年

    入ゼミ係

  • 村田賢信

    村田賢信

    4年

    入ゼミ係

4年生24人 3年生37人

入ゼミ案内はこちら

入ゼミ関係

イベント

  • 2020.01.17
    イベント
    皆様、少し(かなり)遅くなりましたが、明けましておめでとうございます! 1月12日(日)に、吉祥寺にある萩原教授のお宅でゼミの新年会がありました! 教授が作ってくださったグーラッシュ(オーストリア料理)や、教授の奥様が作ってくださったパスタや混ぜご飯を頂きました! 萩原教授、奥様、どうもありがとうございました! 26期生からは、教授に白のポロシャツをプレゼントしました!(半袖のものをプレゼントしたので、さすがに次の政治哲学の授業には寒すぎて着て来ないだろうなと思っていたのですが、なんと着てきました。笑) さて、これから学期末試験や入ゼミの課題提出締切など、2年生にとって重要なイベントが次々に押し寄せてきます。計画的に準備してください! ※写真は、全員集合写真、グーラッシュ(教授のFacebookから引用)、1/15の政治哲学の最終授業にポロシャツを着てきてくださった教授、萩原ゼミ恒例の女子と教授の集合写真です。
  • 2019.12.05
    イベント
  • 2019.11.09
    イベント