MENU

人文科学 小屋 逸樹 研究会

message

《世界の日本語、日本語の世界》と題して、われわれが日々使用している日本語の文法的、社会文化的な特徴を他の言語と比較しながら考察する研究会です。日本語を、言わば“外から見る”という姿勢で議論して行きます。

2018年版のEthnologue誌の主張が正しければ、世界には7097もの言語が存在します。世界人口が75億人を突破した今、1億人以上が話す言語は11程度とされ、日本語はだいたい9位あたりにランクされます。このような日本語は言語学的にはどのように分類され、どのような特色を持っているのでしょうか。

当研究会は、ともすれば日本語よりも英語や他の外国語の文法や用法に詳しい我々の現状を少しでも是正することを目的としています。副専攻科目としても、通常の授業としても等しく履修できます。

PROFESSOR MEMBER

小屋 逸樹

小屋 逸樹