MENU

人文科学 奥田 暁代 研究会

message

アメリカ研究(アメリカの文化と社会)の研究会です。週に1回の研究会では、関連する図書を取りあげ、発表、討論を中心に進めています。また、各自が決めたテーマに沿って研究発表を行い、論文を執筆します。

 

教員の研究分野:アメリカ研究、アメリカ南部、アフリカ系アメリカ文学

学生の研究テーマ:女性大統領の可能性、アメリカの宗教と価値観、福音派と宗教右派、現代アメリカから見たアジア系アメリカ人、トランプ支持層(白人労働者)、カラーブラインド・キャスティング、人種差別と映画、ビヨンセとアフリカ系アメリカ人

 

2017年度提出の論文

「公民権運動と黒人音楽――ジェームズ・ブラウンのメッセージ――」

「The Exploitation of College Athletes in the NCAA: Chasing the American Dream」

「米軍基地が地域文化に与える影響」

「米国における日本産和牛の広がり――日本産和牛の今後のPR活動の提案――」

「アメリカにおける女性進出――2016年のアメリカ大統領選挙を切り口に――」

「遺伝子組み換え食品が脅かす消費者の権利」

「アメリカ大統領のアイルランド訪問の意義」

「2013年以降のポスティング制度利用から探る――NPB選手のMLB球団選択要因とMLBの日本人選手需要――」

「アメリカのポップかチャーに見る男性像――マーベルの映画シリーズにみる『ヒーロー』の表現に着目して――」

 

2018年度に取りあげた図書・映画

ティム・ワイズ著『アメリカ人種問題のジレンマ』(Tim Wise, Colorblind: The Rise of Post-Racial Politics and the Retreat from Racial Equity, 2010)

ブライアン・スティーヴンソン著『黒い司法』(Bryan Stevenson, Just Mercy, 2014)

『フリーダム・ライターズ』(Freedom Writers, 2007)、『ブラック・パンサー』(Black Panther, 2018)、『アラバマ物語』(To Kill a Mockingbird, 1962)、『12人の怒れる男』(Twelve Angry Men, 1957)

PROFESSOR MEMBER

奥田 暁代

奥田 暁代

入ゼミ案内はこちら