MENU

政治学科 小川原 正道 研究会

message

本研究会では、明治維新期をはじめとした戦前期を中心に、日本の政治思想史・政治運動史について研究を行っています。

火曜3限・4限に3・4年生合同の本ゼミがあり、研究発表とディスカッションを中心に活動します。3年生は三田祭発表に向けた研究、4年生は卒業論文に向けた研究を中心に発表し、先生や院生、また学生同士からのアドバイスや意見、質問などを受けながら、研究を深めていきます。

卒論のテーマは、個人研究を軸とした思想史・運動史を中心としつつも、時代や対象をひろくとり、幅広いテーマを柔軟に認めています。

PROFESSOR MEMBER

小川原 正道

小川原 正道

職 位
 慶應義塾大学法学部教授
専 攻
 近代日本政治史・政治思想史
略 歴
1976年、長野県生まれ。1995年、長野県立上田高等学校卒。1999年、慶應義塾大学法学部政治学科卒。 2001年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。2003年、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。武蔵野短期大学国際教養学科助教授、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授、慶應義塾大学法学部准教授などを経て、2013年より現職。イリノイ大学ロースクール客員研究員(2005年)、国際日本文化研究センター国内客員教員准教授(2011年-2013年)、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員(2013年-2014年)、マサチューセッツ工科大学歴史学部客員研究員(2014年)、なども歴任。
著 書
『小泉信三ー天皇の師として、自由主義者として』(中公新書、2018年)
『西南戦争と自由民権』(慶應義塾大学出版会、2017年)
『日本の戦争と宗教―1899–1945』(講談社選書メチエ、2014年)
『明治の政治家と信仰―クリスチャン民権家の肖像』(吉川弘文館、2013年)
『福沢諭吉の政治思想』(慶應義塾大学出版会、2012年)
『福沢諭吉―「官」との闘い』(文藝春秋、2011年)
『近代日本の戦争と宗教』(講談社選書メチエ、2010年)
『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦』(中公新書、2007年)
『評伝 岡部長職―明治を生きた最後の藩主』(慶應義塾大学出版会、2006年)
『大教院の研究―明治初期宗教行政の展開と挫折』(慶應義塾大学出版会、2004年)