MENU

政治学科 山腰 修三 研究会

message

【山腰修三研究会について】

山腰研究会は2021年度に新規開講し、現在3年生17名で活動をしています。

本研究会は、現代の政治・社会空間でメディアが果たす役割について、様々な理論を参照しながら批判的に考察することを目的としています。

活動はメディア研究やマス・コミュニケーション研究、ジャーナリズム研究の基礎知識やアプローチを習得することを目指す文献講読と、理論や概念を実際のメディア現象の説明や分析に用いる方法を学び実践する個人・共同研究とを並行させて進めています。

 

*詳細については、こちらのスライドをご覧ください!

2022年度 山腰ゼミ紹介スライド(2次)

 

PROFESSOR MEMBER

山腰 修三

山腰 修三

山腰 修三 (ヤマコシ シュウゾウ)

Yamakoshi, Shuzo

【専門領域】

マス・コミュニケーション論、ジャーナリズム論、政治コミュニケーション論、メディアの政治理論、政治社会学

【経歴】

2021年09月 – 継続中 慶應義塾大学, 法学部政治学科, 教授

2020年04月 – 2021年08月 慶應義塾大学, メディア・コミュニケーション研究所, 教授

2017年04月 – 2018年03月 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカルサイエンス, メディア・コミュニケーション学部, 訪問研究員 他

【著書】

  • 『メディアと感情の政治学』, カリン・ウォール=ヨルゲンセン, 勁草書房, 2020年11月
  • 『メディア・社会・世界: デジタルメディアと社会理論』, ニック・クドリー, 慶應義塾大学出版会, 2018年11月
  • 『入門メディア・コミュニケーション』, 山腰 修三, 慶應義塾大学出版会, 2017年11月
  • 『戦後日本のメディアと原子力問題: 原発報道の政治社会学』, 山腰 修三, ミネルヴァ書房, 2017年03月
  • 『大震災・原発とメディアの役割:報道・論調の検証と展望』, 山腰 修三, 公益財団法人新聞通信調査会, 2013年01月 他

慶應義塾研究者情報データベース

4年生17人 3年生18人

入ゼミ案内はこちら