MENU

人文科学 三瓶 愼一 研究会

ようこそ
三瓶 愼一
ゼミへ

message

 現代ドイツの政治・社会・言語・文化に関する種々の問題を扱います。参加者の関心に応じて,自力で資料を集め,Referat にまとめて発表し,全員で議論を重ねることで,最終的に1つの論文に仕上げることが目標です。

 これまで扱ってきたテーマとしては,いくつか例を挙げると,戦後ドイツの歩み,東西ドイツ分断の経緯,東西ドイツ国境事情,東ドイツの政治文化,ベルリーンの壁の建設と崩壊,各政党の成立と政策,社会民主党の歴史,ヴィリー・ブラント,兵役義務,ドイツ語の人名,ドイツと日本の言語政策,戦後ドイツの知識人,政治教育の現状,68年世代と緑の党の誕生,1990年代のドイツ,ドイツの脱原発政策,憲法愛国主義,ヤスパースによる「罪」の分類,東西ドイツ統一の背景,ホロコーストと過去の克服,ドイツの安全保障政策などでした。この他のテーマももちろん歓迎です。

 ドイツ連邦共和国に関する問題を中心としますが,参加者の希望によっては,ドイツ語圏の他の国々についてのテーマを扱うことも妨げません。

お知らせ

  • 2019.05.17
     2018年度の春学期は,第1次大戦以降,現代までのドイツ史を駆け足で概観し,秋学期は,ドイツの安全保障政策,また外国軍隊の駐留に関する地位協定の日独比較について文献を講読しました。  2019年度の春学期は,第2次大戦後の現代ドイツ史を知識人たちの動きを追いながら概観しています。秋学期は,参加者の研究発表を中心に論文にまとめるための議論をする予定です。
  • 2019.03.21

PROFESSOR MEMBER

三瓶 愼一

三瓶 愼一

ドイツ語学,現代ドイツ社会一般,言語政策論を勉強しています。

入ゼミ案内はこちら